☆結納編ー1☆
プロポーズが成功し、双方の両親へ挨拶挨拶、そして、いよいよ両家の顔合わせです!
それを「結納式」もしくは「顔合わせの食事会」と言いますが、なぜ籍を入れる前に
”結納”を行うのでしょうか…。

”結納”とはもともと「ゆいのもの」と呼ばれており、2つの家が新しく婚姻関係を
結ぶために、男性側の家族お祝いの席へ酒肴の現物を女性のもとへ持っていき、
女性側の家族は料理を出してもてなす風習だったのです。
そこから、次第にお酒や肴が花嫁の衣装装身具に取って替わり、伝統的な結納品は
形式的な添え物になったりと、簡略化されたりするようのになったのです。

「顔合わせの食事会」
”結納”をする・しないでは、
・家の伝統であったり・地域性・当人もしくはご両親の意識が大きく影響されて
くるのではないでしょうか…(^-^)
⇒ブライダルカウンターでもご相談いただけます☆彡